1月、2月に行ったコンサートやライブをまとめてご報告

またまた、ブログ更新をご無沙汰しておりました。

1月〜2月に行ったコンサートやライブをまとめてご報告します。

・1月28日
ROY HARGROVE QUINTET(ロイ・ハーグローヴ・クインテット)@BLUE NOTE 東京

c0189469_1203153.jpg


【メンバー】

Roy Hargrove(tp, flh, vo)
ロイ・ハーグローヴ(トランペット、フリューゲルホーン、ヴォーカル)
Justin Robinson(as)
ジャスティン・ロビンソン(アルトサックス)
Sullivan Fortner(p)
サリヴァン・フォートナー(ピアノ)
Ameen Saleem(b)
アミーン・サリーム(ベース)
Jeremy Clemons(ds)
ジェレミー・クレモンス(ドラムス)

トランペットのロイ・ハーグローグさんをリーダーとするジャズカルテット。
達者なメンバーによる、久しぶりのどジャズに超ご機嫌な夜でした。


・1月31日
ENTERTAINMENT BIGBAND LIVE
三宅裕司 & Light Joke Jazz Orchestra
“日本人の心をSwingしよう”@BLUE NOTE 東京

c0189469_156523.jpg



劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)の座長、喜劇俳優、
司会者、ラジオパーソナリティーなど様々な顔を持つ三宅裕司さん主宰のビッグ・バンド
“三宅裕司&Light Joke Jazz Orchestra”のブルーノート公演。

【ビッグ・バンド メンバー】

三宅 裕司(ドラムス、パーカッション)
八巻 綾一(アルトサックス)
土井 徳浩(アルトサックス)
レイモンド・マクモーリン(テナーサックス)
大内 満春(テナーサックス)
宮木 謙介(バリトンサックス)
村上 基(トランペット)
羽毛田 耕士(トランペット、アレンジャー)
谷殿 明良(トランペット)
上石 統(トランペット)
三塚 知貴(トロンボーン)
張替 啓太(トロンボーン)
和田 浩(トロンボーン)
河野 広明(バストロンボーン)
佐久間 優子(ピアノ)
芹澤 薫樹(ベース)
稲垣 典行(ドラムス)
丸山 優子(コーラス)
白土 直子(コーラス)

(special guest, vo)
朝倉 さや(スペシャルゲスト、ヴォーカル)

アレンジはトランペット奏者でもある羽毛田 耕士さん。
センスがよくカッコいいアレンジの数々。
すごくステキでした!
そして、三宅さんのドラムもカッコよくSwingしていました!

お花もたくさん届いていました。
c0189469_1213848.jpg




・2月1日
絢香 レインボーロードTOUR 2015-2016
"一夜限りのMemorial Stage"
秘密の裏メニュー発動‼ 〜道は続くよ〜@武道館

絢香さんのライブは今回で3回め。
絢香さんのふくよかな声に癒され、卓越した歌唱力に元気をもらいました。

そして、相変わらず、バンマスの塩谷哲さんのピアノもすばらしい!
塩谷さんは何を弾いても上手いけれど、特に伴奏に関しては、
世界を見渡しても塩谷さんの右に出る者はいないのではないかと思うほど、
上手いと思っています。

お花がたくさん届いていました。
c0189469_1254195.jpg

c0189469_1255710.jpg


・2月5日
大手町 Valentine Night Live 2016 @よみうり大手町ホール

出演:鳥山雄司 feat. 露崎春女、国府弘子 × JiLL-Decoy association with SHANTI

ギターの鳥山雄司さんに加えて、
大ファンの露崎春女さんや国府弘子さんがご出演されるというので、行ってきました。
円熟の3人、やっぱりいい!!!
そして、初めて聞くJiLL-Decoy associationとSHANTIさん、大いに楽しませていただきました。


・2月8日
<文春トークライブ>上原ひろみ~世界を駆けるピアニスト

c0189469_1405853.jpg

c0189469_1411937.jpg


大好きな大好きな上原ひろみさんのトークライブ。
MCは上原ひろみさんのドキュメンタリー本
「サマーレインの彼方」の著者である神舘和典さん。
今回はトークの合間に演奏も入る、というようなトークライブでしたので、
お話がたっぷり!
それはそれでとても貴重なコンサートでした。
1回1回のコンサートに命をかけているというお話を聞き、納得・・・。
私をこんなにも魅了して止まないひろみさんの演奏、
毎回、命をかけて演奏しているからこんなにも感動させてくれるのだと思いました。
ちなみに命をかけて演奏するということは「帰り道に不慮の事故で死んだとしても、死の瞬間、
自分は与えられた人生で全力を出し切ったと思えることです」だそうです。
新しいアルバム「SPARK」を引っさげてのトークライブでしたが、
もちろん、「SPARK」はヘビロテ中です。
by harukokawaguchi | 2016-03-11 01:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hkawaguchi.exblog.jp/tb/25395596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「花は咲く」が月刊Pianoプ... 「和楽器バンド 大新年会 20... >>