マリー・アントワネット展とN.S.ハルシャ展

六本木ヒルズで開催されている「マリー・アントワネット展」と「N.S.ハルシャ展 〜チャーミングな旅」に行ってきました。
昨年10月から開催されている「マリー・アントワネット展」ですが、大人気でなんと2時間待ち!
2時間並んで鑑賞してきました。
マリー・アントワネットに関しては子供の頃から伝記を読んだり、
映画を観たりして興味を持ってきましたが、
マリー・アントワネットに因んだ美術品や身の回り品の数々を拝見して、
改めて、実在だった人としてのマリー・アントワネットを感じました。

絢爛豪華な衣装を纏った美しい肖像画、美しい食器などがたくさん残されている一方、
処刑の日に履いていたというお靴、
タンプル塔に幽閉されていた時期に身に着けていたという質素な肌着が展示されていて、
哀れを誘います。


唯一撮影を許された、「マリー・アントワネットの居室を再現したコーナー」
c0189469_17320017.jpg


マリー・アントワネット展を観た後は同じ六本木ヒルズの森美術館で開催されていた
「N.S.ハルシャ展 〜チャーミングな旅」へ。
1969年、南インドの古都マイスールに生まれた芸術家 N.S.ハルシャさんの独特の世界を堪能してきました。
こちらの個展は撮影OKでしたので、作品の幾つかをご紹介します。
ハルシャさんの作品には哲学的なものを感じました。


こんな風にいろいろな人々を描き、たくさん並べた作品が多かったです。
c0189469_17321317.jpg




ミシンで作っているのは世界各国の国旗、ミシンは無数の糸でつながっています。
日本の国旗もありました。
c0189469_17321969.jpg
c0189469_17324277.jpg



こんな作品も
c0189469_17323380.jpg


会場のあちこちの床に、こんなアートが。
c0189469_17324912.jpg



2つの展覧会を観た後はすっかり夜になっていました。
六本木ヒルズの展望台から見た素晴らしい夜景です。
c0189469_17330370.jpg

by harukokawaguchi | 2017-02-12 17:55 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hkawaguchi.exblog.jp/tb/26419543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ピアノソロ 月刊Pianoプ... CHRIS BOTTI @ B... >>