<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

舞台版「英国王のスピーチ」

5部門のアカデミー賞を受賞した話題作「英国王のスピーチ」の舞台版を観てきました。
会場は世田谷パブリックシアター
c0189469_1492496.jpg


[原作] デヴィッド・サイドラー
[演出] 鈴木裕美
[上演台本] 倉持 裕

[出演] 東山紀之 安田成美 近藤芳正
      葛山信吾 西尾まり 有福正志 久保酎吉 高橋長英 ラサール石井

お芝居は本当に贅沢だと思います。
その劇場に集った、たった数百人のために役者さんたちが熱演してくださるのだもの!

東山紀之さんはジョージⅥ世の役柄によくはまっていました。
華があり、その存在感はやっぱり主役を演じるために生まれてきたんだな感じさせます。

安田成美さんも優しく優雅が雰囲気が王妃役にピッタリ!
本当にステキでした。

言語聴覚士のライオネルを演じる近藤芳正さんの芸達者なこと!
その他の出演者も皆芸達者な役者さんばかり・・・、
内容と共にその質の高いお芝居に終始惹きつけられ、ステキな一夜となりました。
by harukokawaguchi | 2012-08-27 01:31 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

サンフランシスコとナパ・ヴァレーの旅

たった3泊の短い日程でしたが、サンフランシスコとナパ・ヴァレーに行って来ました。

サンフランシスコ空港に着いたその足で、そのままナパ・ヴァレーの奥の牧場まで車で直行。
牧場で開催された、夫の懐かしい仕事仲間たちとの同窓会に私も一緒に出席しました。

同窓会パーティーは牧場の納屋とその周辺を会場にしたとてもカジュアルなスタイル。
カジュアルだけど美味しいお料理やワイン、
そして温かいもてなしに私もすっかり寛いでパーティーを楽しみました。

この清流にかかる吊り橋を渡って会場に入りました。
観光地ではありませんよ〜。個人が所有する牧場です。アメリカだな〜〜〜
c0189469_0103127.jpg

c0189469_0222294.jpg

c0189469_065998.jpg

c0189469_072855.jpg

c0189469_08990.jpg

c0189469_085377.jpg

c0189469_094469.jpg


参加者が連れてきたワンちゃんもパーティーに参加!
暑かったので、思わずワンちゃんも清流に飛び込んじゃいました〜!
c0189469_023522.jpg

c0189469_0251780.jpg


そう言えば、牧場なのに馬や牛は一頭も見かけなかったなぁ〜。
どこにいるんだろう?あまりに広すぎて目の届く範囲にはいませんでした。
牧場はどこまでもこんな風景・・・
c0189469_035949.jpg

c0189469_0354350.jpg


見かけたのはニワトリだけ・・・。
c0189469_026991.jpg


本当にステキな思い出となりました。

そして、昨年のナパ訪問の折に訪ねたシルバー・オークというワイナリーで見かけた良い香りのするハンドクリーム、昨年は買いそこねたのですが、今回の旅行でやっと手にすることができました。
ここがシルバー・オークというワイナリーです。
c0189469_042120.jpg


翌日は懐かしいバークレーの街へ。
ず〜っと昔ですが、この街で1ヶ月ほど過ごしたことがあります。
街の雰囲気は全然変わっていませんでした。
私が青春時代に感じたそのままの雰囲気が、まだそこにありました。
c0189469_0510100.jpg


ディズニーのアニメを制作しているピクサースタジオも見てきました。
公開していないので、残念ながら外から眺めただけですが・・・。
c0189469_12989.jpg


ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアムも訪ねました。
c0189469_1244837.jpg


霧のサンフランシスコ、晴れのサンフランシスコ。
たった3泊でしたが、充実した旅を終え、無事に帰国しました。
c0189469_141748.jpg

c0189469_15225.jpg

by harukokawaguchi | 2012-08-16 23:52 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

ウエスト・サイド・ストーリー

渋谷ヒカリエにできたシアター・オーブでブロードウエイ・ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」を観てきました。

レナード・バーンスタイン作曲の音楽は前から大好きで、CDで何度も聴いたり、
自分でもピアノで弾いたりしてきましたが、舞台を観るのは初めて・・・。

音楽はもちろんのこと、ダンス、演技の全てに魅了されてきました。
by harukokawaguchi | 2012-08-02 22:40 | 音楽 | Trackback | Comments(0)