<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

白い花

今日は犬の散歩で白い花を集めてみました。
野草も庭の花も白い花がたくさん・・・
c0189469_1565476.jpg
c0189469_1563137.jpg

c0189469_282610.jpg

c0189469_1555924.jpg
c0189469_155448.jpg
c0189469_154674.jpg
c0189469_1533591.jpg
c0189469_1524768.jpg


この桜は何という種類なのでしょう?
c0189469_1593691.jpg
c0189469_1591060.jpg

by harukokawaguchi | 2013-03-28 23:50 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

『極上のピアノ』2013年春夏号

『極上のピアノ』2013年春夏号 (ヤマハミュージックメディア刊)が発売中です。
私がアレンジした「花は咲く」の楽譜が掲載されています。
書店、楽譜店でご覧ください〜
c0189469_157753.gif

by harukokawaguchi | 2013-03-28 01:58 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

浅草『舵輪』LIVEのお知らせ

今年初めての、浅草『舵輪』でのライブです。
今回はボーカリストの清水圭子さんとピアノの私の二人だけで出演します。

清水圭子さんのちょっと低めの歌声はゾクゾクするほどステキ!
リハーサルをしながら私も聴き惚れています。
スタンダード、オールディーズを中心にお届けします。

久し振りに私もソロを弾いてみようかな・・・などと思っておりますので、
是非、いらしてくださいね。
詳細は下記のフライヤーをご覧ください。
c0189469_1163578.jpg

by harukokawaguchi | 2013-03-28 01:20 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

私の住む街にも小さな桜並木があります。
犬の散歩の折にパチリ!
植栽されてから二十数年になります。
大分、立派になって来ましたよ。
c0189469_0571044.jpg


お花がそのままの形で落ちているのは小鳥が啄んでしまったのでしょうか?
c0189469_0594525.jpg


うちのワンコです。3月23日に11歳になりました。
c0189469_11126.jpg

by harukokawaguchi | 2013-03-27 00:53 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

上原ひろみソロライブ@BLUE NOTE 東京

上原ひろみさんのソロライブに行ってきました。
c0189469_0315628.jpg


自由席だったので、整理券をもうらうために2時間半近く並んだけれど、
今回もアリーナには座れませんでした。本当にすごい人気ですね!
でも、演奏している手がバッチリ見える席だったので、
却ってそのほうがよかったかも・・・。

本当にひろみさんのピアノはスゴイ!!!
もちろん、よく動く指やミスタッチをしないテクニックもスゴイのだけれど、
私が一番魅了されるのはそのタッチの美しさ、特にピアニッシモの美しさです。
どんなに激しい演奏になろうとも決して乱れることなく、
鍛え抜いた指から溢れる音色は安定感がありどこまでも美しい・・・。
次回はいつ聴けるのかな・・・。


ブルーノートで整理券をもらった後、入場まで少し時間があったので、
千鳥ヶ淵までお花見に・・・。
満開でした!!!暗くなりかけていたのが残念・・・。
桜の枝の間にモヤ〜っと見えるのはお月様です。
c0189469_0505497.jpg
c0189469_050263.jpg
c0189469_0495779.jpg

by harukokawaguchi | 2013-03-24 00:29 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

紫の花

先日は春は黄色から始まるということで、
道端の黄色の花を集めてみましたが、
春は紫の花も目立ちますね。
犬の散歩の折りに紫の花を集めてみました。


c0189469_22224326.jpg
c0189469_2222304.jpg
c0189469_22213425.jpg
c0189469_2221130.jpg
c0189469_22203843.jpg
c0189469_22201267.jpg
c0189469_22195191.jpg
c0189469_22192790.jpg

by harukokawaguchi | 2013-03-20 22:24 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

春は黄色から・・・

今週は初夏のような日があったかと思うと、冬を感じさせる寒い日もあったり、
首都圏はジェットコースターのような気候でした。

今日は、少し肌寒い一日でした。
それでも、日差しも明るくなって、本格的な春の訪れを感じます。

春は黄色から始まるのだそうです。
犬の散歩で見かけた春の兆しの黄色たち・・・

c0189469_2352217.jpg

c0189469_23524879.jpg

c0189469_2355122.jpg
c0189469_23543683.jpg
c0189469_23535434.jpg
c0189469_23531818.jpg

c0189469_002159.jpg

by harukokawaguchi | 2013-03-16 00:06 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

調律師の小沼さんのこと

先日はホロヴィッツとその専属のピアノ調律師との一夜の出来事を書いたお芝居を観てきたところだけれど、そのお芝居を観ながら、お芝居の調律師に重ね合わせていた調律師の方が私にはいます。
小沼則仁さん・・・・。
その方の訃報をお聞きしました。

一昨年、地域の催し事としてピアニストの塩谷哲さんをお呼びして、
地元の中学校の体育館でコンサートを開いていただきました。
その時に塩谷さんが調律師として連れていらっしゃったのが小沼さんだったのです。

小沼さんは塩谷さんのみならず、上原ひろみさんら、多くの一流のピアニストに愛された調律師さんでした。

公立の中学校の体育館のおんぼろピアノが、小沼さんの手で魔法のように見事なピアノに変身しました。
何時間もかけて丁寧に調整してくださったのです。
塩谷さんの魔法の指と小沼さんの魔法の手でそれはステキなピアノのコンサートとなりました。

終演後、小沼さんを打ち上げにお誘いした時、「私のようなものが参加してよろしいのですか?」とおっしゃって、その謙虚さに私はビックリしました。
調律師としてのご高名はよく存じ上げておりましたので、その偉ぶらないお人柄に心打たれました。

そして、打ち上げに移動の際、私は小沼さんの車の助手席に乗せていただくことになりました。
短い間でしたが、いろいろなエピソードをお聞きしたりして、楽しいひと時でした。
「呼んでくれれば、調律に伺いますよ。」とおっしゃっていただいたので、
私のピアノを調律していただくのを楽しみにしておりましたが、
もう、その機会は永遠に来ないのですね・・・。

昨年、体調を崩されたお話はお聞きしていましたが、こんなに早く逝ってしまうなんて・・・。

心からご冥福をお祈り致します。
by harukokawaguchi | 2013-03-13 18:53 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ぷりんと楽譜

「ヤマハぷりんと楽譜」に、私がピアノアレンジした下記の3曲の楽譜が加わりました。
サンプル音源もアップしておりますので、
よろしかったらアクセスしてみてくださいね。
ヤマハぷりんと楽譜:川口晴子編曲

・Someone To Watch Over Me
ガーシュイン作曲の名曲中の名曲。
スタンダードらしいジャズ風にアレンジにしてみました。中級レベル、Verse、アドリブ付きです。




・魅惑のワルツ~Fascination~
オードリー・ヘップバーン主演の映画「昼下がりの情事」の映画音楽ですが、ホンダFITのCMで美空ひばりさんが歌ったものが使用され、とてもすてきなので、その雰囲気でピアノアレンジしました。初〜中級レベルです。




・氷の花/映画「きいろいゾウ」の主題歌
大好きな作曲家&ピアニストの妹尾武さん作曲の美しいバラード。ゴスペラーズが歌っています。
美しいメロディーはピアノにもよく似合います。中級レベルです。

by harukokawaguchi | 2013-03-11 01:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ホロヴィッツとの対話

お芝居を鑑賞して来ました。
『ホロヴィッツとの対話』の楽日。
c0189469_045237.jpg

             (写真はパルコ劇場のHPより)


ホロヴィッツとの対話
Dialogue with Mr.Horowitz

公演日程2013年2月9日 (土) ~2013年3月10日 (日)
会場パルコ劇場
作・演出三谷幸喜
出演・渡辺謙 段田安則 和久井映見 高泉淳子
音楽・演奏:荻野清子

『神に選ばれた天才と神に雇われた職人
     三谷幸喜が二人の男、ふたつの家族を通して芸術そのものの会話に迫る』

その天賦の才能を「ピアニスト」として芸術を表現するホロヴィッツ。
天才が「神に選ばれた者」とするならば、その選ばれし者に従事する者は「神に雇われた者」。
天才ピアニストとその演奏を支え続ける調律師。
グレン・グールド、ルービンシュタイン、ルドルフ・ゼルキン・・・・・、スタインウェイ・アンド・サンズの専属調律師として20世紀のピアノの巨匠たちの演奏を支え続けたフランツ・モア。
この物語は彼が支えたピアニストの一人、20世紀のピアノの巨匠、ウラディミール・ホロヴィッツとその夫人ワンダ、そしてフランツ・モア夫妻の、ある一夜の会話を中心に展開します。

渡辺謙さんが調律師のモアを、そのモアの妻、エリザベスを和久井映見さん、そして段田安則が天才ピアニスト・ホロヴィッツを、その妻ワンダには高泉淳子というキャスティングでした。

三谷幸喜さんのウイットに富んだセリフに大笑いしながら至福の時を過ごしてきました。

ハリウッドでも大活躍の渡辺謙さんのような大スターが、
劇場に集った、たった458人のために大熱演してくださるのです。
お芝居とはなんと贅沢な!!!

音楽は作曲家でもある荻野清子さんのピアノによる生演奏。
荻野さんは今NHKで放映中の「純と愛」の劇伴も作曲していらっしゃる、売れっ子作曲家さん。
荻野さんのメロディは私も大好きです!
荻野さんが音楽を担当した三谷幸喜監督の映画「ステキな金縛り」の主題歌「Once In A Blue Moon」もとてもステキな曲で、私はピアノ用にアレンジさせていただいたことがあり、楽譜は「ヤマハぷりんと楽譜」でご購入いただけます。
Once In A Blue Moon(ぷりんと楽譜)
よろしかったら、楽譜のサンプル音源をお聴きください〜〜〜



帰りに東京スカイツリーのソラマチでご飯を食べてきました。
スカイツリーは我が家からも見えます。
毎日見ているスカイツリーですが、間近で見るド迫力には圧倒されます!

c0189469_052599.jpg

c0189469_0531430.jpg

by harukokawaguchi | 2013-03-11 00:59 | 観劇 | Trackback | Comments(0)