<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

北村 哲朗リサイタル〜新垣 壬敏の歌曲をめぐって〜

『北村 哲朗リサイタル 〜新垣 壬敏の歌曲をめぐって〜』
と題されたリサイタルに行ってきました。
5月23日、会場は国分寺いずみホールです。

新垣壬敏(あらがき つぐとし)先生の作曲された歌曲の数々を、
バリトンの北村哲朗氏の歌唱で聴くコンサートです。
新垣壬敏先生は私の高校時代の音楽の先生です。
現在は作曲家として、ご活躍中。
カトリックの作曲家としてもたくさんの聖歌を作られています。
また、最近まで大学の教授としてもご活躍されていました。

今日のプログラムは著名な詩人の詩に曲をつけたものがメインでした。

なかでも金子みすずさんの詩に曲をつけた歌は、
北村哲朗さんの歌唱でキングレコードからリリースされています。
c0189469_21593154.jpg

今日のプログラムでは北村哲朗さんの歌唱の他に、
作曲の新垣先生ご自身のお手による編曲で、女声コーラスの歌唱もありました。
優しい曲の数々、すばらしいバリトンの歌声に感動の夜を過ごしてまいりました。
by harukokawaguchi | 2014-05-25 22:10 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

「生まれてはじめて」ピアノ弾き語り譜

「アナと雪の女王」の劇中歌、神田沙也加さんと松たか子さんが歌う、
「生まれてはじめて」日本語詞バージョンのピアノ弾き語り譜の配信が、
ヤマハ「ぷりんと楽譜」で始まりました。

・「生まれてはじめて」ピアノ弾き語り譜

・「生まれてはじめて」メロディー譜

・「Let It Go〜ありのままで〜」ピアノソロ中級
ピアノソロ上級は既に配信されていますが、中級もアップされました。

私も松たか子さんと神田沙也加さんの声に魅了されたひとりです。
お二人の吹き替え、歌は本当にすばらしい!
by harukokawaguchi | 2014-05-19 11:18 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ポール・マッカートニーの公演、中止

待ちに待ったポール・マッカートニーの公演ですが、
ポールさんの体調不良のため、昨日に引き続き、中止となってしまいました。

公演中止を私はコンサートに向かう地下鉄の中で、家族からのメールで知りました。
昨日も中止だったので、今日は大丈夫なのか・・・との懸念はありましたが、
やっぱり残念でした〜(;^_^;)
c0189469_01339.jpg


ポールさんの体調が一日も早くご回復されますように・・・。

今回の公演の代替公演を検討中とのことですが、それがちゃんと叶いますように願わずにはいられません。
でも、その日の私の都合が悪かったらどうしよう〜〜〜
by harukokawaguchi | 2014-05-19 00:17 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

アナと雪の女王

「アナと雪の女王」、とうとう観ることができました!
私が観たのは日本語版。
「れりご〜」現象が起きていることに納得、
本当にすばらしい映像と音楽でした。

音楽に関しては、私は「Let It Go 〜ありのままで〜」と、
「For The First Time In Forever 〜生まれてはじめて〜」の楽譜を作成しましたし、
サントラのアルバムも何度も聴いて、馴染みがありましたが、
大スクリーンの美しい映像とともに聴くと、また格別な響き・・・。
感動しました。

次は英語版も観たい〜。
by harukokawaguchi | 2014-05-18 13:04 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

「れりご〜(Let It Go)」

ディズニー映画「アナと雪の女王」が大人気だそうです。
残念ながら、私はまだ観ることが叶っていません。
早く観たいな〜。

映画の中で歌われる「Let It Go」も大人気だそうで、
英語で歌う「Let It Go」が「れりご〜」と聞こえることから、
「れりご〜現象」なるものが起きているそうです。

私もその「れりご〜」に参加している形となっております。

ヤマハぷりんと楽譜、@ELISEに楽譜を提供しています。
私が提供しているのは、英語版ではなく、
松たか子さんが歌う日本語詞バージョンに基づいたアレンジです。
原曲のアレンジがすばらしいので、なるべく原曲のイメージをピアノで再現するべく、
且つ、ピアノ曲として演奏を楽しめるようにアレンジに務めました。

ヤマハぷりんと楽譜

「レット・イット・ゴー」日本語詞バージョン (ピアノソロ上級)

「レット・イット・ゴー」日本語詞バージョン(ピアノ弾き語り 中級)

「レット・イット・ゴー」日本語詞バージョン(メロディー譜)


同じ楽譜ですが、@ELISEでも配信しております。

「レット・イット・ゴー」(ピアノソロ上級)

「レット・イット・ゴー」(ピアノ弾き語り)

「レット・イット・ゴー」(メロディー譜)


5月19日には「レット・イット・ゴー」ピアノソロ中級と、
「生まれてはじめて」のピアノ弾き語りとメロディー譜の配信も「ぷりんと楽譜」にて、
始まる予定です。
by harukokawaguchi | 2014-05-15 03:44 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

フィンランド旅行3

フィンランドは人口500万人程の国です。
1億を超える人口の日本とはかなり違う意識を持つ国と感じました。

日本は島国ということもあるせいか、自国で何でも用が足りてしまいます。
生涯、日本語以外の言葉を話さなくても、何の不自由も感じません。

しかし、フィンランドのような人口の少ない国では、
自国だけではいろいろな物が不足し、必要に迫られて、
EU諸国はもちろんのこと、
諸外国と親しくお付き合いすることが必要なのだと感じました。
フィンランドでは必要に迫られて、複数の言語を話せる方が多いようです。
7歳からスェーデン語、10歳から英語を学校で学ぶと聞きました。

知人の結婚式で、私の隣の席に座ったフィンランド人の若い男性は、
なんと、7ヶ国語が話せるとのことでした。
スェーデン語、英語、ドイツ語、オランダ語、ロシア語・・・。
スゴイ!

もちろん、日本でも語学の達人はいらっしゃると思いますが、
一般的な日本人としては考えられないことです。
フィンランドではマルチリンガルの方がたくさんいらっしゃるようです。


そして、知人と結婚したフィンランド人の新郎さんが、
新婦のご両親をはじめ、日本から結婚式に出席するためにフィンランドを訪れた私たちを、
エストニアのタリンという街に連れて行ってくださいました。
新郎さんは日本語が堪能です。

タリンまではフィンランディア号という船に乗って、
バルト海を渡り約2時間半。
船首のラウンジではバンド演奏もあって、楽しい船旅となりました。
c0189469_2371392.jpg

c0189469_2412653.jpg


タリンの街。
城壁に囲まれたタリンの街は中世そのもの。
しかし、一歩城壁の外に出れば、IT産業立国の側面も持ちあわせているそうです。
近代的な高層ビル群もタリンの街から見ることができます。

500年前までは世界で一番高かったという教会の塔に登りました。
500年以上前に作られた塔の階段を登るのに、かなり大変な思いをしましたが、
そこからの風景は素晴らしいものでした!
c0189469_2443418.jpg

c0189469_247166.jpg

c0189469_2481153.jpg


タリンの地図
c0189469_2484427.jpg


タリンの風景(中世そのものが残っているようです)
c0189469_2493968.jpg

c0189469_250232.jpg

c0189469_251513.jpg
c0189469_2504767.jpg


帰りも往きと同じフィンランディア号。
午後9時過ぎ、バルト海に沈む夕日です。
c0189469_362443.jpg


新郎新婦のお住いからも近く、
ヘルシンキのバスターミナルと商業施設も兼ねる、Kamppi。
ここは食事やお買い物、またバスを利用するために、何度も訪れました。
c0189469_2522740.jpg


フィンランドと言えば、ムーミン。
今年はムーミンの作者、トーベ・ヤンソン女史の生誕100年だそうで、
その展覧会も国立美術館行われていて、見てきました。
しかし、ナーンタリという街にある、
ムーミンワールドは6月から8月しか公開されていないそうで、
行くことは叶いませんでした。


森と湖の美しい国、フィンランド。
勤勉でまじめな人々に接することができ、とても有意義な旅でした。
いつかまた、フィンランドを訪れてみたいものです。
今回、行くことが叶わなかったムーミンのふるさとナーンタリやオーロラも見てみたいものです。
by harukokawaguchi | 2014-05-15 01:08 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

フィンランド旅行2

フィンランドに行ったら絶対に行ってみたいと思っていたところに行くことができました。
フィンランドを代表する作曲家シベリウスが長年住んだ家、アイノラです。
ヘルシンキのバスターミナル、Kamppiの10番乗り場から路線バスに乗って50分強、
アイノラで降り、シベリウスの家へ。
アイノラとはシベリウスの奥様のアイノさんのお名前に由来しているそうです。

質素ながらもステキなお家でした。
c0189469_1263668.jpg


反対の方向から
c0189469_1273232.jpg


シベリウスのお墓。シベリウスの家のお庭にあります。
c0189469_1334584.jpg


アイノさんが手入れをしていたアイノラの庭
c0189469_1352130.jpg


アイノラの近辺の風景。近くには湖もあり、白樺やもみの木が多い。
c0189469_1364829.jpg

c0189469_1374712.jpg


アイノラの停留所
c0189469_1382418.jpg


アイノラの帰りには邦画「かもめ食堂」のロケが行われたスオミ食堂で、夕飯を食べました。
c0189469_140770.jpg

私がいただいたのは焼きサーモン定食。とても美味しい上に、リーズナブルでした。
c0189469_1432890.jpg

お店には日本人も多く見かけましたが、地元の方もたくさんいらしていて、
愛されているお店だと感じました。
かもめ食堂の天井
c0189469_144129.jpg

by harukokawaguchi | 2014-05-15 00:50 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

フィンランド旅行1

長らくブログの更新をサボってしまいましたが(;^_^)、
相変わらず元気にしております。

GWに、フィンランド人の方と結婚した知人の結婚式がヘルシンキ近郊の島で執り行われ、
それに出席するためにフィンランドに行ってまいりました。

出発は5月1日、帰国は7日でした。
短い間でしたが、はじめてのフィンランドに感激することばかりでした。
写真と共に簡単にご報告させていただきます。

スカンジナビア航空にて、コペンハーゲン経由でフィンランドへ

この飛行機に乗って出発です。
c0189469_0562612.jpg


経由したコペンハーゲンの空港にはアンデルセンの人魚姫の像が・・・。
c0189469_0575329.jpg



ヘルシンキの街は石畳が多い。
車も石畳の道を走る。タイヤが痛みそう・・・。
この街でハイヒールをはいたら歩きにくいだろうな・・・。
c0189469_103919.jpg


ヘルシンキ大聖堂
c0189469_115999.jpg

c0189469_124477.jpg


ロシア正教のウスペンスキー寺院
c0189469_162250.jpg


フェリーに乗って、結婚披露パーティーが行われたスオメンリンナ島へ。
c0189469_175340.jpg

スオメンリンナ島は1700年代に作られた要塞の島です。

スオメンリンナ島の教会
c0189469_1482292.jpg


今も残るスオメンリンナ島の要塞
c0189469_1513196.jpg


そして、今回の旅行のメインイベントの結婚披露パーティー。
昔、ファクトリーや倉庫として使われていた建物が、
今は結婚式等の人気レセプション会場となっているそうです。
新郎新婦のお二人とも学者の卵です。
どうぞ、末永くお幸せに・・・。
c0189469_1553988.jpg




ヘルシンキとスオメンリンナ島間はフェリーに乗って、15分ほど。
帰りのフェリーは夜の9時発でした。
丁度、夕日を見ることができました。
バルト海に沈む夕日です。
c0189469_1591237.jpg

by harukokawaguchi | 2014-05-15 00:10 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)