塩谷哲チャリティーコンサート@瑞穂中学校体育館

塩谷哲チャリティーコンサートが、昨日、盛況のうちに終了いたしましたのでご報告させていただきます。

私は昨日、お手伝いのために朝の8時半に会場の瑞穂中学校の体育館に入りました。
いつもはステージ上にあるピアノは既にフロアに降ろされておりました。
中学の先生方や生徒さんのお手伝いがあり、
前日のうちに椅子は全部体育館のフロアに出していただけたそうで、
この時点で椅子並べも殆ど終わっていました。
私の仕事はピアノ磨き。
中学校の創立以来21年間も体育館に置かれっぱなしになっているピアノは、かなりおんぼろです。
心を込めてピッカピカに磨かせていただきました。
c0189469_2374743.jpg


そのピアノを9時から3時間半に渡って、ピアニストの上原ひろみさんの専属の調律師でもいらっしゃる小沼則仁さんの手によって調律、調整していただきました。
小沼さんに調整していただき、塩谷さんに弾いていただける!
ピアノにとっても光栄で至福の一日に違いありません(笑)!
c0189469_238149.jpg


12時前に塩谷さんが到着なさり、12時半から完全クローズドのリハーサルが始まりました。

コンサートでは塩谷さんの演奏の他、
塩谷さんの伴奏でみんなが全体合唱するプログラムも予定されており、
その際のリード役、私の友人でもある三橋恵理子さんとのリハーサルが14時から始まりましたので、私も拝見させていただきました。
曲目は「PRIDE」。
「PRIDE」は今井美樹さんのセルフカバーアルバム「I Love a Piano」にも塩谷さんの伴奏で収録されています。
塩谷さんは他の楽譜が見つからなかったからとおっしゃって、
レコーディングの際に使われ、
CDのケース内のジャケットにも写っている手書きの楽譜をご持参なさり、
それを拝見させていただいた私は大感激!
と申しますのも、そのCDで今井美樹さんが歌う「PRIDE」の伴奏があまりにも素敵で(もちろん、今井美樹さんのお歌もですが)、
どんな楽譜を見て弾いていらっしゃるのだろう?とずっと興味津々だったのです。
まさかその楽譜の本物を見る機会があろうとは思いもしませんでした!
今井美樹さんのアルバムを彷彿させる塩谷さんのピアノに合わせて歌う三橋さんの歌も素敵で、
リハーサルも無事に終わりました。

そして迎えた16時からの本番。

「夕方から雨」の天気予報通り、間際から振り始めた雨でしたが、大勢のお客様がご来場くださいました。

塩谷さんの演奏はしっとりした「Smile」から始まりました。
中学校の体育館で、しかもPAを一切ない使わない生音ということで、音響を心配しておりましたが、心地よい残響があり、予想外のいい響き!
小沼さんの手によって調整していただいたピアノと、塩谷さんの腕前が相俟って、
この上なく美しい音色が響き渡り、瞬時に観客は魅了されたようです。

後は塩谷さんの気持ちの赴くままにディズニーの「いつか王子様が」、
チック・コリアの「Bud Powell 」、
アルバム「SOLO SALT」にも収録されている「メヌエット」などが続きます。

塩谷さんのオリジナル「Mr.Tapman」では、
ピアノとは思えないほどのリズム使いで聴衆を魅了してくれました。
足で床を叩く音がフロアを通して振動まで伝わり、より臨場感を高めてくれましたが、普段、ホールコンサートなどでは味わえない体験でした。
後でお聞きしたら、それも塩谷さんの狙いだったそうです。さすが!

初めはしとしとだった雨音がいつの間にかザーザーになってきました。
体育館はトタン屋根なのでしょうか?かなり雨音が響くのです。
天気予報を聞いた時から一番懸念していた状況になってしまいました。
しかし・・・
塩谷さんがそこで提案したのが即興演奏。
雨の音も取り込んで、今、ここで降りてきた音楽を奏でるとおっしゃって弾き始めました。
それはもうお見事!!!としか言いようがありませんでした。
見事に雨の音と融合して素晴らしい音楽となって、本当に天から降りてきたようでした。
即興で奏でた音楽は、そこに居合わせた者だけが味会うことができる特別なものです。
そんな特別なものに出会えて本当に幸せな一時でした。

今回が震災の復興支援のためのチャリティーコンサートだったこともあり、
塩谷さんのMCでは随所に被災者を気遣う言葉があり、私たちの胸にも塩谷さんの演奏のみならず、優しいお気持ちが伝わってきました。
塩谷さんのオリジナル曲「Pray」もそんな気持ちがひしひしと伝わってきて、本当に感動的でした。

そして、迎えた最後の曲、私も大好きな「あこがれのリオデジャネイロ」。

いよいよアンコールで三橋さんの出番です。
全体合唱で歌うはずの「PRIDE」ですが、皆、聴き惚れてしまって合唱にはなりませんでした(笑)。
最後にまたソロでしみじみとした「ふるさと」の演奏。

その後、瑞穂中学校のブラスバンド部の生徒さん達によるお礼の演奏があり、
1時間半に渡ったコンサートはお開きとなりました。

終演後のCD販売、サイン会でもたくさんの方にお並びいただきました。

普段、塩谷さんが経験されることのない手作りのコンサートで、至らぬ点が多々あり、
申し訳なく思いましたが、たくさんのお客様に喜んでいただくことができたと思います。
塩谷さん、本当にお疲れさまでした。
そして、お世話になりましたマネージャーの藤岡さん、ありがとうございました。

また、スタッフとして尽力を尽くしてくださった皆様、ありがとうございました。

今回のコンサートに関わったスタッフ全員に、塩谷さんの演奏の素晴らしさのみならず、
お人柄の素晴らしさも伝わったようです。

塩谷さん、本当に感動をありがとうございました。
いつかまたここで演奏してくださいね。

そして、ご来場のお客様、ありがとうございました。
たくさんの義援金もありがとうございました。
塩谷さんからも義援金として多額のご寄付をいただきました。


ところで「PRIDE」を歌った三橋恵理子さんとは7月20日に浅草「舵輪」で一緒にライブをします。
by harukokawaguchi | 2011-06-20 01:11 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hkawaguchi.exblog.jp/tb/16492643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Roland V-Piano ... 『塩谷哲ピアノコンサート』開催... >>