人気ブログランキング |

映画版「砂の器」の楽譜、発売中・・・菅野光亮先生のこと

つい先日もTVドラマの「砂の器」がOn Airになったばかりですが(私はまだ観ていませんが)、
数年前にもSMAPの中居正広さん主演でドラマ化されたり、
松本清張原作の「砂の器」は人気の高い作品です。

1974年には映画版の「砂の器」も制作され、
日本の映画史上に残る名画の一つに評価されているようです。
この映画版「砂の器」は私にとっても格別のものです。
何故なら、私の恩師、菅野光亮(かんの みつあき)先生が音楽の作曲をされたからです。
ミステリー仕立ての物語でありながら、主人公が音楽家であったことから、
音楽映画的な要素も持ち合わせた作品のように思います。
その音楽、ピアノ協奏曲「宿命」も高い評価を受けました。
この映画の中で主人公役の加藤剛さんの吹き替えでピアノを弾いていらっしゃるのも管野先生です。
当時、映画館でこの映画を観た時、精悍な感じの加藤豪剛さんなのに、ピアノを弾くシーンになると、よく見慣れた、ぽっちゃりとしたお餅みたいな菅野先生の手が映るので、
誇らしいながらも、何だか可笑しくて、
一緒に観た友人とクスクス笑ってしまったのを今でもよく覚えています。



菅野先生は1983年に44歳という若さで病気で亡くなってしまいました。
豪快なお人柄で、大きな才能に恵まれ、
よい仕事をたくさん残し、愛するご家族にも恵まれ、多くの人に愛され、
太く短く生きられたのだと思いますが、
もっと長生きをされたら、どんなにか素晴らしい作品をたくさん残されたのだろうと思うと、
残念でなりません。
それ以上に、菅野先生に会えないのが淋しくてなりません。
魅力に溢れた大好きな先生でした。

ヤマハぷりんと楽譜で映画版「砂の器」のスコアが発売中なのを知りました。
手書きの楽譜だそうですが、菅野先生のお手によるものでしょうか?
あ、きっと違いますね。
昔は楽譜制作ソフトがなかったので、手書きで楽譜をお清書することも多かったのです。
プロの写譜屋さんは、それはきれいに味のある楽譜を書いたものでした。
楽譜ご紹介のところに、菅野先生のコメントが写真入りで載っていて、
私は懐かしくて涙が出そうです。
近いうちにお墓参りに行きますね。
ヤマハぷりんと楽譜:映画「砂の器」宿命
by harukokawaguchi | 2011-09-17 02:30 | 音楽


<< GINO VANNELLI@C... 十五夜 >>