ブルクミュラー・フェスティバル@音楽の友ホール

ブルクミュラーは幼稚園の頃に弾いた曲集ですが、未だに大好き!
という訳で、音楽の友社主催の「ブルクミュラー・フェスティバル」に行ってきました。
日時:8月1日
会場:音楽の友ホール

今年はブルクミュラー没後140年だそうで、それを記念して行われたフェスティバルだそうです。
いくつか催し物があったようですが、
私が行ったのは、主にブルクミュラーの魅力を語る会と言った内容でした。

ブルクミュラー協会の飯田有抄、前島美保の諸氏や、
ブルクミュラーの曲集の解説を書いていらっしゃる作曲家の春畑セロリ氏の司会で会は進み、小原孝、樹原涼子、佐々木邦の諸氏の演奏も楽しませていただきました。

幼稚園の頃の私がブルクミュラー25の練習曲の中の「アヴェ・マリア」を初めて聴いた時の得も言われぬ美しい響きに感動したことは今も忘れられません。
その当時のレッスンの流れとしては
バイエルが終わったらブルクミュラーとツェルニー100番に進む、
というのが一般的なコースだったと思うのですが、
1度、4度、5度の和音が中心だったバイエルの後に進んだブルクミュラーは本当に感動的でした。
ブルクミュラーは弾きやすく、しかも音楽性が豊かな曲が多く、
今でもファンが多いようです。

ブルクミュラーは25と18の練習曲とが有名で、
私は12の練習曲の存在を知らなかったのですが、
近年は12の練習曲集も出ているようで、早速、購入。
練習してみようと思います。
by harukokawaguchi | 2014-08-06 18:03 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hkawaguchi.exblog.jp/tb/22440975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 塩谷 哲トリオ@BLUE NO... ハチドリ公演「動く語り」 >>