ハチドリ公演「動く語り」

ちょっと前のことになりますが、友人の乾れい子さんが音楽を担当するということで、
ハチドリの「動く語り」を観てきました。
日時:7月22日(火)
会場:小金井市民交流センター 小ホール

前半は村上春樹の短編朗読。
朗読とはいえ、全部暗記でお芝居風の動きも取り入れたステージに
どんどん引き込まれて行く感じがしました。
感情のこもったプロの朗読はやはりスゴイな〜と感服しました。

2部はアンネの日記やユダヤ人の物語も取り入れ、
感動的な物語が多く、思わず涙するような場面もありました。

乾れい子さんの音楽も場面にピッタリはまり、場面をより盛り上げてステキでした。

音楽には人の感情を動かす大きな力があると思います。
日常の生活の中で音楽に慰められたり、癒やされたり、
励まされたりした経験のある方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
映画やドラマ、そして、今回の朗読のような場面でも音楽の持つ力を感じます。

乾れい子さん
c0189469_17242857.jpg


舞台袖に置かれたヤマハのフルコンサートピアノ
c0189469_1730747.jpg


アリスン・マギー作の「ちいさなあなたへ」という詩の朗読に使われたステキな絵のパネル
c0189469_17272256.jpg
c0189469_1727436.jpg
c0189469_17264519.jpg

c0189469_17352913.jpg

# by harukokawaguchi | 2014-08-06 17:35 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

SOUL POWER TOKYO SUMMIT 2014@東京国際フォーラム・ホールA

「SOUL POWER TOKYO SUMMIT 2014」に行ってきました。
会場は東京国際フォーラム・ホールA

c0189469_13163912.jpg


【出演】
ゴスペラーズ、鈴木雅之、Skoop On Somebody、川畑 要、THE☆FUNKS、Ms.OOJA、ZOOCO

「SOUL POWER TOKYO SUMMIT 」は今年で9回目だそう。
私はそのうちの半分以上は行っていると思うのですが、
一昨年、昨年と行かなかったせいか、とても久しぶりな感じがして、
ちょっと新鮮な感覚で聴かせていただきました。

実力派揃いのコンサートはやっぱりスゴイ!!!
歌の上手いシンガーがこんなにも日本にはいるのだ〜、と改めて思わせてくれました。
# by harukokawaguchi | 2014-07-14 13:12 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

南麻布セントレホール・ランチタイム・コンサート

南麻布のしゃれた多目的ホール・セントレホールで毎週木曜日に行われている
「ランチタイム・コンサート」に行ってきました。
お昼時のほんの30〜40分のコンサートなのですが、
なんと入場料は500円、しかもお茶付き。

今日の演奏はピアニストの戸室 玄さん。
6歳からアメリカやパリで育ったという、将来を期待される若い男性ピアニストです。
今日のプログラムはベートヴェンのピアノソナタ第8番「悲愴」とリストの「ハンガリー狂詩曲第2番。
アンコールはリストのコンソレーション第3番。
どれも私のお気に入りの曲です。
繊細でしかも力強い演奏、素晴らしかったです。

短い時間でしたが、優雅で癒やされたひと時でした。
# by harukokawaguchi | 2014-07-11 00:44 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

Twilight Concert@新宿クラッセ

Twilight Concertと題するジャズ・ポピュラーピアノの発表会が今年も無事に終了しました。

会場を飾ったお花
c0189469_048357.jpg


ご出演の生徒の皆さま、サポートしてくださったドラムの繁泉秀明先生、
ベースの佐藤哲先生、指導の先生方、お疲れ様でした。

生憎のお天気でしたが、お客様もたくさんいらしてくださって、盛会となりました。
ご来場のお客様もありがとうございました。

発表会とはいえ、生徒の皆様が本当に素晴らしい演奏を披露してくださるので、
私も一観客として、大いに楽しみました。

講師演奏リハーサル中のワタシ。
c0189469_0502090.jpg


生徒さんの演奏の後に講師演奏を披露する石川先生、佐藤先生と穂積先生。
それぞれステキな演奏で、楽しませていただきました。
c0189469_112068.jpg

c0189469_0514841.jpg

c0189469_0522133.jpg


私は講師演奏でオリジナル曲を弾きました。
# by harukokawaguchi | 2014-07-06 01:07 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

小曽根 真〜プレミアム・ピアノ・ナイト〜@文京シビックホール

近年はクラシックの世界でも大活躍の、
ジャズピアニストの小曽根真さんのリサイタルに行ってきました。
会場は文京シビックホール・大ホール

プレミアム・ピアノ・コンサートのタイトルに相応しい、
本当にスペシャルでステキなステキなコンサートでした!

本日のプログラム
c0189469_23481044.jpg


小曽根さんのコンサートやライブは何度も行ったことがありますが、
今日のコンサートはいつもとはちょっと趣が違うプログラムで、
とてもスペシャルな感じがしました。
小曽根さんのオリジナル、スタンダード、チックコリアのオリジナル、
ショパン・・・等、とてもバラエティーにとんでおり、
最後はガーシュインの「ラプソディー イン ブルー」のピアノソロ。
それは素晴らしい大熱演で、感動の嵐!!!

明日からサンフランシスコだそうで、独立記念日にサンフランシスコ交響楽団と
「ラプソディー イン ブルー」を共演されるのだそうです。
きっと、アメリカの聴衆をも魅了することでしょう!

アンコールでは教え子の国立音大のアルトサックスの生徒さんを客席から呼び込み、共演。
白熱したインプロヴィゼーションで楽しませてくれました。
# by harukokawaguchi | 2014-07-03 00:10 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

『音楽の花束Vol.5』終了!

雨が心配された一日でしたが、ライブの間は雨に見舞われることなく、
無事に「音楽の花束Vol.5」が終了しました。
c0189469_026774.jpg


ご来場のお客様、誠にありがとうございました。

会場の赤坂カーサクラシカのスタッフの皆さま、大変お世話になりました。
スタッフ様のブログでライブの様子を記事にしていただきました。
カーサクラシカ・ブログ
ブログでライブの内容をとても上手に紹介してくださっているので、
こちらにコピペさせていただきます。

【本日の東京クラシック ライブハウス 赤坂カーサクラシカ昼の部は 『レフルル』
石田 典子さん(ナレーション) 大嶋 順子さん(ピアノ)
川口 晴子さん(ピアノ) 桑田 明子さん(ピアノ)
野々垣 ルミさん(ピアノ・キーボード・ピアニカ・ボーカル)
三橋 恵理子さん(ピアノ・キーボード・ボーカル)
友情出演:竹井 美子さん(ピアノ) 
~「音楽の花束 Vol.5」〜世界一周音楽の旅~ でした。
懐かしき日本の唱歌から始まり、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、
アメリカをめぐり、また日本へ戻る、
音楽のツアー!ナレーションのガイドに誘われながら、
鍵盤楽器と歌でお送りいたしました。
曲目は耳馴染みのあるものが沢山演じられ、
楽しいパフォーマンスもたくさん!
時に心にしみ、時に思いっきりカッコよく!
・・・2時間のステージで世界一周旅行気分を味わえました!
2年に1度ご出演いただいているレフルルさん、
次回はどんなライブをしていただけるのでしょうか?お楽しみに!】

ライブが終わって集合写真です!
c0189469_0241621.jpg


ライブが終わって、レフルルの仲間と赤坂のお店で軽く食事をしていたら、
ものすごい雷雨が・・・。
ご来場のお客様、大丈夫だったかしら・・・。


次回の「レフルル」の活動は12月のクリスマスコンサート開催の予定です。
# by harukokawaguchi | 2014-06-30 00:38 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

チック・コリア・ピアノ・ソロ・コンサート@よみうり大手町ホール

チック・コリアのピアノ・ソロコンサートに行ってきました。
会場はよみうり大手町ホール。

私にとってはピアノの神様のような存在であるチック・コリアの演奏を、
最前列、しかもバッチリ手元が見える席で聴かせていただくという幸運に恵まれました。

1st Setはスタンダードが中心のプログラム。
コンサートはスタンダード曲を右手だけでメロディーを奏でる・・・というシンプルな演奏から始まりました。
即興のアイディアが次から次へと湧き出てくるようで、一瞬たりとも飽きさせません。

また、チック・コリア自身が、とてもわかり易い英語で、ユーモアたっぷりにMCをされ、
それも楽しませていただきました。

2nd Setはチック・コリア作曲のチルドレンズ・ソングの演奏やスクリャービンの曲も。
奥様のゲイル・モランさんのボーカルとの共演もあり、おしどり夫婦ぶりを見せつけてくれました。
ゲランさんはサーモン・ピンクのドレスを来て、
スパンコールの付いたサーモンピンクのニットのお帽子をかぶられて登場。
お顔のまわりをクリンクリンにカールした髪が取り巻いている姿は、
とても可憐な感じです。
息の合った演奏はさすがご夫婦。
お互いにソロが終わる度に褒めあって、本当に仲の良いご夫婦なんだな・・・
と感じました。
2曲歌い終わった後は軽くチュッ!をして、奥様は袖に戻っていかれました。

客席からお客様をステージ上に呼び込み、
そのお客様のポートレートを即興でピアノで描く、という演出もありました。
3人のお客様がステージ上に上がり、ピアノでポートレートを描いてもらいました。

そして、アンコールではなんと客席から平原綾香さんがステージに上り、「スペイン」を共演。
圧巻のステージでした。
オールスタンディング・オベーションとなり、観客席も湧きました。
アンコールの最後は「Summertime」をゲランさんも交えて3人で共演。

感動の夜でした。
# by harukokawaguchi | 2014-06-18 23:56 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ライブ「音楽の花束Vol.5」のお知らせ

地元の音楽仲間で結成した「レフルル」が2年ぶりのライブをします。
もちろん、私も出演します。

日時:2014年6月29日(日)、12:30 開場、13:00 開演
会場:赤坂・カーサクラシカ 

c0189469_1540997.jpg

c0189469_1541087.jpg


今回は「世界一周〜音楽の旅」と題しまして、音楽で世界旅行をします。
アジア、ヨーローッパ、アフリカ、アメリカ、南米、オーストラリアらの音楽で世界を巡り
また日本に帰ってくる構成でお送ります。
日本に戻ってきて最後にお送りするのは「富士山」。
私のアレンジでレフルルのメンバー大嶋順子さんが演奏します。
富士山でお国巡りするイメージで変奏曲風にアレンジしてみました。
ヨーロッパのクラシック風、アメリカのラグタイム風、ブラジルのボサノバ風などの変奏を経て、最後は雄大な富士山のイメージです。


楽譜はぷりんと楽譜で配信しております。
いろいろなアレンジで楽しむ「富士山」
# by harukokawaguchi | 2014-06-16 15:41 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

May J.さん、水戸真奈美さん、熱海五郎一座

昨日は聴いたり観たり、忙しい一日でした。

まずは近所のショッピングセンターで行われた、今をときめくMay J.さんの野外ライブ。
大ヒット映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go〜ありのままで〜」のエンドソングを歌っているのがMay J.さんです。
May J.さんのバージョンではありませんが、
私も「Let It Go〜ありのまま〜」の楽譜を制作しているので、
是非、生で聴いてみたいと行ってきました。

今日のライブでは今発売中のアルバム「Heartful Song Covers」から数曲と、
「Let It Go〜ありのままで〜」を聴かせてくれました。
May J.さんは歌唱力の高さで知られるボーカリスト、さすがの歌唱力に圧倒されました。
会場は子供連れの観客で超満員となり、私の場所からはほとんど姿が見えなかったけれど、
「Let It Go」を生で聴くことができて感激でした。
c0189469_13412381.jpg



May J.さんの野外ライブの後は地元の市民センターで行われた、
青少年育成会主催の水戸真奈美さんのチャリティーコンサートへ・・・。
c0189469_13454447.jpg


【水戸真奈美さん】(水戸真奈美さんのHPより)
ダンスと手話をブレンドした新しいスタイルのボーカリスト。
2009年に「Just Feeling/ 伝えたい…コト…」翌年4月にリリースされた「Live the Dream」で全国デビューを果たす。
2011年6月にリリースされた「Wedding Road」は3月の東日本大震災において、最後まで防災アナウンスを続けてお亡くなりになった遠藤未希さんに捧げた歌として、TBS系列「みのものんたの朝ズバッ!」新聞各紙に取り上げられ話題となった。
現在、楽天イーグルス主催イベントのステージや震災復興イベントなど精力的に活動。
その他、被災地の様子を伝える講演活動、自身主催の手話サークルなども行っている。


手話をまじえ、東日本大震災の貴重な写真を映したスライドをバックに歌う歌の数々に多くの方が感動を覚えたのではないでしょうか・・・。


そして、夕方からは新橋演舞場で軽演劇『「天然女房のスパイ大作戦」』の鑑賞。
c0189469_13544994.jpg


[出演・構成・演出]三宅裕司
[出演]渡辺正行 / ラサール石井 / 小倉久寛 / 春風亭昇太 / 深沢邦之
[ゲスト]沢口靖子 / 朝海ひかる

伊東四朗さんが参加される時は「伊東四朗一座」、
伊東四朗さんが参加されない時は「熱海五郎一座」としてで毎年のように行われる公演には
殆ど欠かさず観に行っています。

美人なのにコメディエンヌとして演じる沢口靖子さんがとっても魅力的!
今回は天然の女房役で、沢口さんが演じるとピッタリはまり、本当に面白い。

そして、宝塚出身の朝海ひかるさんの何とカッコよいこと!
今回は女性の役でしたが、宝塚トップの男役の方の姿って、本当にカッコいいですね〜。


ところで、久しぶりに銀座まで足を伸ばしたのですが、銀座松坂屋が取り壊されて、
私には見慣れぬ風景が・・・。
c0189469_1745266.jpg

# by harukokawaguchi | 2014-06-16 14:09 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

Shiho & 桑原あいTrio Special Live

フライド・プライドのボーカルShihoさんとジャズピアニスト桑原あいさんのライブに行ってきました。
会場は吉祥寺ストリングス。
出演はShihoさんと桑原あいさんの他、森田悠介さん(b)と大槻"KALTA"英宣(ds)さん。

プログラムはマイケル・ジャクソンのカバーあり、スタンダードナンバーあり。
どれもカッコいいアレンジ、大熱演で満員の会場は大いに盛り上がりました。

Shihoさんの歌を生で聴くのは初めてでしたが、
すっかり魅了されてしまいました。
本当に素晴らしい!

あいさんの演奏を聴くのは昨年の東京ジャズ以来でしたが、
4月には新しいアルバムも出されて、益々のご活躍ぶり。
今、22歳のあいさんですが、私の同僚の元生徒さんだったということで、
高校生の頃から度々演奏を聴かせていただいております。
本当に素晴らしいピアニストに成長されて、今後の活動が益々楽しみです。
# by harukokawaguchi | 2014-06-15 01:56 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

キーボードマガジン/上原ひろみさんのインタビュー記事

キーボードマガジン 2014 SUMMER号が発売となりました。
c0189469_013753.jpg


上原ひろみさんのインタビュー記事が掲載されていて、
最新アルバム「ALIVE」について、上原さんご自身が解説していらっしゃいます。
その記事中の譜例の採譜を楽譜仕事人PAGの高橋美夕己と、
私が担当いたしました。

度々、ブログにも書いておりますが、私は上原さんの大ファンでもありますので、
今回のお仕事は大変興味深くやらせていただきました。

聴くとあまりにもスムーズに流れているので、それ程複雑さを感じないのですが、
採譜してみて、改めてそのリズムの複雑さに驚くことしきり・・・。

上原さんの音楽を聴くときの緊張感、
反対にそれが解けていく時の心地よさの秘訣が多少ともわかったような気がします。

今回のアルバムは特にリズムの遊びがたくさんあるようで、
例えば、16分の27拍子(!)の曲とか、平凡な4拍子でも複雑な譜割りのフレーズを乗せ、
拍子の感覚をわからなくしてしまった曲とか、天才ならではのユニークな発想の曲が多い。

上原さんファンの方には本当に興味深い記事だと思いますので、
是非是非、ご覧になってください。
全国の書店で発売中です。
# by harukokawaguchi | 2014-06-11 00:35 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

「Let It Go レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」

私がアレンジした「Let It Go〜ありのままで〜」の楽譜を、
ヤマハぷりんと楽譜や@ELISE等のサイトから配信させていただいておりますことは
前にも記事にいたしましたが、
私の楽譜を演奏してくださっている動画をYouTubeで発見!
素晴らしい演奏で、アレンジャー冥利に尽きます。
本当に素晴らしい演奏ですので、お時間がありましたらクリックしてみてくださいね。



演奏してくださっている楽譜はこちらです。
Let It Go レット・イット・ゴー〜ありのままで〜 ピアノソロ上級


その他に「アナと雪の女王」関連の楽譜は
Let It Go レット・イット・ゴー〜ありのままで〜 ピアノソロ中級
Let It Go レット・イット・ゴー〜ありのままで〜 ピアノ弾き語り
Let It Go レット・イット・ゴー〜ありのままで〜 メロディー譜

生まれてはじめて〜For The First Time In Forever〜 ピアノ弾き語り
生まれてはじめて〜For The First Time In Forever〜 メロディー譜
の楽譜も配信中です。
# by harukokawaguchi | 2014-06-10 14:24 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

『蓮』和の昼公演

尺八の中村仁樹さんと箏のいぶくろ聖志さんのユニット『蓮』のコンサートに行ってきました。
会場は茗荷谷のステキなサロン「ラリール」。

公演は「二つの世界で魅せる蓮-REN-」と題され、昼と夜の部とあり、
昼の部は『蓮』のお二人だけの演奏で和の世界、
夜の部はチェロの内田佳宏をゲストに迎えてのオリジナル中心の洋の世界。

私は昼の「和の世界」を聴かせていただきました。
ラリールの自然な響きの中で、古典からオリジナルまで和の世界を堪能させていただきました。

お二人の演奏は「蓮」としての活動を始める前から度々聴かせていただいておりますし、
一緒に演奏をしたこともありますが、ライブを聴かせていただくのは久しぶりでした。
益々パワーアップして、本当に魅力的な演奏でした!
ファンの方がたくさん詰めかけていらっしゃる様子も嬉しく思いました。

二人ともタイプは違いますが、すごくイケメンさんでカッコいい!
向かって左がいぶくろさんで右が中村さんです。
c0189469_1357471.jpg

# by harukokawaguchi | 2014-06-10 14:01 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

内田ゆう子〜My Favorite〜@JZ Brat

『楽譜仕事人PAG-LLP』で活動を共にする内田ゆう子さんのライブに行ってきました。
会場は渋谷セルリアンタワー内のJZ Brat

c0189469_12173571.jpg


ライブはゆう子さんの他にもベースの加藤真一さん、ドラムのDennis Frehseさん、
そして、近年、ゆう子さんが演奏活動を共にしていらっしゃる
メロウカルテットのバイオリンの白濱櫻子さん、ビオラの川口幸子さん、
チェロの磯部朱美子さんの出演がありました。

1st セットはゆう子さんのソロ、
そして、ピアノトリオでの演奏で、クラシックからジャズまで幅広いレパートリーを演奏。
2nd セットはメロウカルテットでの演奏を中心に後半はドラム&ベースも参加してのステージとなりました。

c0189469_122006.jpg


アレンジはもちろん全部ゆう子さん、そのセンスの良さにはいつも感服させられています。
本当に友人として、仕事仲間として尊敬し、いつも刺激をいただいております。

ゆう子さんとの出会いはかなり前のことになります。
お互いにヤマハのプレイヤーとして、
ピアノとキーボードのデュオのユニットを組み、
某ホテル内のレストランで演奏のお仕事をしたのがきっかけでした。
当時の写真が残っているのですが、二人ともフリフリのドレスを着て、
髪には羽飾りなど付けて、まるでお姫様みたいな格好〜(笑)。
その頃からお互いに音楽をやめることなく、ずっとやり続けてきたんだな・・・、
としみじみとした気持ちになりました。

刺激をいただいて、私も頑張らなくちゃ〜!
ゆう子さん、ありがとう!
# by harukokawaguchi | 2014-06-10 12:40 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

北村 哲朗リサイタル〜新垣 壬敏の歌曲をめぐって〜

『北村 哲朗リサイタル 〜新垣 壬敏の歌曲をめぐって〜』
と題されたリサイタルに行ってきました。
5月23日、会場は国分寺いずみホールです。

新垣壬敏(あらがき つぐとし)先生の作曲された歌曲の数々を、
バリトンの北村哲朗氏の歌唱で聴くコンサートです。
新垣壬敏先生は私の高校時代の音楽の先生です。
現在は作曲家として、ご活躍中。
カトリックの作曲家としてもたくさんの聖歌を作られています。
また、最近まで大学の教授としてもご活躍されていました。

今日のプログラムは著名な詩人の詩に曲をつけたものがメインでした。

なかでも金子みすずさんの詩に曲をつけた歌は、
北村哲朗さんの歌唱でキングレコードからリリースされています。
c0189469_21593154.jpg

今日のプログラムでは北村哲朗さんの歌唱の他に、
作曲の新垣先生ご自身のお手による編曲で、女声コーラスの歌唱もありました。
優しい曲の数々、すばらしいバリトンの歌声に感動の夜を過ごしてまいりました。
# by harukokawaguchi | 2014-05-25 22:10 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

「生まれてはじめて」ピアノ弾き語り譜

「アナと雪の女王」の劇中歌、神田沙也加さんと松たか子さんが歌う、
「生まれてはじめて」日本語詞バージョンのピアノ弾き語り譜の配信が、
ヤマハ「ぷりんと楽譜」で始まりました。

・「生まれてはじめて」ピアノ弾き語り譜

・「生まれてはじめて」メロディー譜

・「Let It Go〜ありのままで〜」ピアノソロ中級
ピアノソロ上級は既に配信されていますが、中級もアップされました。

私も松たか子さんと神田沙也加さんの声に魅了されたひとりです。
お二人の吹き替え、歌は本当にすばらしい!
# by harukokawaguchi | 2014-05-19 11:18 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ポール・マッカートニーの公演、中止

待ちに待ったポール・マッカートニーの公演ですが、
ポールさんの体調不良のため、昨日に引き続き、中止となってしまいました。

公演中止を私はコンサートに向かう地下鉄の中で、家族からのメールで知りました。
昨日も中止だったので、今日は大丈夫なのか・・・との懸念はありましたが、
やっぱり残念でした〜(;^_^;)
c0189469_01339.jpg


ポールさんの体調が一日も早くご回復されますように・・・。

今回の公演の代替公演を検討中とのことですが、それがちゃんと叶いますように願わずにはいられません。
でも、その日の私の都合が悪かったらどうしよう〜〜〜
# by harukokawaguchi | 2014-05-19 00:17 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

アナと雪の女王

「アナと雪の女王」、とうとう観ることができました!
私が観たのは日本語版。
「れりご〜」現象が起きていることに納得、
本当にすばらしい映像と音楽でした。

音楽に関しては、私は「Let It Go 〜ありのままで〜」と、
「For The First Time In Forever 〜生まれてはじめて〜」の楽譜を作成しましたし、
サントラのアルバムも何度も聴いて、馴染みがありましたが、
大スクリーンの美しい映像とともに聴くと、また格別な響き・・・。
感動しました。

次は英語版も観たい〜。
# by harukokawaguchi | 2014-05-18 13:04 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

「れりご〜(Let It Go)」

ディズニー映画「アナと雪の女王」が大人気だそうです。
残念ながら、私はまだ観ることが叶っていません。
早く観たいな〜。

映画の中で歌われる「Let It Go」も大人気だそうで、
英語で歌う「Let It Go」が「れりご〜」と聞こえることから、
「れりご〜現象」なるものが起きているそうです。

私もその「れりご〜」に参加している形となっております。

ヤマハぷりんと楽譜、@ELISEに楽譜を提供しています。
私が提供しているのは、英語版ではなく、
松たか子さんが歌う日本語詞バージョンに基づいたアレンジです。
原曲のアレンジがすばらしいので、なるべく原曲のイメージをピアノで再現するべく、
且つ、ピアノ曲として演奏を楽しめるようにアレンジに務めました。

ヤマハぷりんと楽譜

「レット・イット・ゴー」日本語詞バージョン (ピアノソロ上級)

「レット・イット・ゴー」日本語詞バージョン(ピアノ弾き語り 中級)

「レット・イット・ゴー」日本語詞バージョン(メロディー譜)


同じ楽譜ですが、@ELISEでも配信しております。

「レット・イット・ゴー」(ピアノソロ上級)

「レット・イット・ゴー」(ピアノ弾き語り)

「レット・イット・ゴー」(メロディー譜)


5月19日には「レット・イット・ゴー」ピアノソロ中級と、
「生まれてはじめて」のピアノ弾き語りとメロディー譜の配信も「ぷりんと楽譜」にて、
始まる予定です。
# by harukokawaguchi | 2014-05-15 03:44 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

フィンランド旅行3

フィンランドは人口500万人程の国です。
1億を超える人口の日本とはかなり違う意識を持つ国と感じました。

日本は島国ということもあるせいか、自国で何でも用が足りてしまいます。
生涯、日本語以外の言葉を話さなくても、何の不自由も感じません。

しかし、フィンランドのような人口の少ない国では、
自国だけではいろいろな物が不足し、必要に迫られて、
EU諸国はもちろんのこと、
諸外国と親しくお付き合いすることが必要なのだと感じました。
フィンランドでは必要に迫られて、複数の言語を話せる方が多いようです。
7歳からスェーデン語、10歳から英語を学校で学ぶと聞きました。

知人の結婚式で、私の隣の席に座ったフィンランド人の若い男性は、
なんと、7ヶ国語が話せるとのことでした。
スェーデン語、英語、ドイツ語、オランダ語、ロシア語・・・。
スゴイ!

もちろん、日本でも語学の達人はいらっしゃると思いますが、
一般的な日本人としては考えられないことです。
フィンランドではマルチリンガルの方がたくさんいらっしゃるようです。


そして、知人と結婚したフィンランド人の新郎さんが、
新婦のご両親をはじめ、日本から結婚式に出席するためにフィンランドを訪れた私たちを、
エストニアのタリンという街に連れて行ってくださいました。
新郎さんは日本語が堪能です。

タリンまではフィンランディア号という船に乗って、
バルト海を渡り約2時間半。
船首のラウンジではバンド演奏もあって、楽しい船旅となりました。
c0189469_2371392.jpg

c0189469_2412653.jpg


タリンの街。
城壁に囲まれたタリンの街は中世そのもの。
しかし、一歩城壁の外に出れば、IT産業立国の側面も持ちあわせているそうです。
近代的な高層ビル群もタリンの街から見ることができます。

500年前までは世界で一番高かったという教会の塔に登りました。
500年以上前に作られた塔の階段を登るのに、かなり大変な思いをしましたが、
そこからの風景は素晴らしいものでした!
c0189469_2443418.jpg

c0189469_247166.jpg

c0189469_2481153.jpg


タリンの地図
c0189469_2484427.jpg


タリンの風景(中世そのものが残っているようです)
c0189469_2493968.jpg

c0189469_250232.jpg

c0189469_251513.jpg
c0189469_2504767.jpg


帰りも往きと同じフィンランディア号。
午後9時過ぎ、バルト海に沈む夕日です。
c0189469_362443.jpg


新郎新婦のお住いからも近く、
ヘルシンキのバスターミナルと商業施設も兼ねる、Kamppi。
ここは食事やお買い物、またバスを利用するために、何度も訪れました。
c0189469_2522740.jpg


フィンランドと言えば、ムーミン。
今年はムーミンの作者、トーベ・ヤンソン女史の生誕100年だそうで、
その展覧会も国立美術館行われていて、見てきました。
しかし、ナーンタリという街にある、
ムーミンワールドは6月から8月しか公開されていないそうで、
行くことは叶いませんでした。


森と湖の美しい国、フィンランド。
勤勉でまじめな人々に接することができ、とても有意義な旅でした。
いつかまた、フィンランドを訪れてみたいものです。
今回、行くことが叶わなかったムーミンのふるさとナーンタリやオーロラも見てみたいものです。
# by harukokawaguchi | 2014-05-15 01:08 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)